シリコーンゴムでの造形について

公開日:

ゴム製品の試作には、従来は簡易型を作って試作するしかありませんでした。グリーングラスでは、シリコーンゴムの素材を使って造形が可能です。

シリコーンゴムでの3Dプリント造形が可能です

従来はゴムを試作するには簡易型を起こす必要があり、時間と費用がかかっていました。グリーングラスの3Dプリントサービスであればシリコーンゴムでの造形が可能ですので、ゴムの簡易的な評価にご利用していただけます。簡易型を起こす場合に比べて、作成期間も大きく短縮する事が可能です。

選べる2種類の硬度

選べる2種類の硬度

シリコーンゴムでの造形をご希望のお客様に「ゴムの硬さが知りたい」とよくお問い合わせいただきます。グリーングラスのシリコーンゴム造形では硬度35と硬度65の2種類での造形が可能です。ご希望に適した硬度での出力ができます。

硬度35:非常に柔らかく、一般的に消しゴム程度の硬さと言われています。

硬度65:弾力があり、一般的にタイヤ程度の硬さと言われています。

キーエンス社国産高精細3Dプリンタ『アジリスタ』使用

アジリスタ使用

グリーングラスではキーエンス社の「アジリスタ」による高精細出力が可能となっております。積層ピッチ15μmの高精細造形になっておりますので、細部までしっかりと造形でき、部品の組み付けまでできる、十分な精度を持っています。最大造形サイズは297mm × 210mm ×200mm (A4サイズ相当)となっております。

初めてでも安心!3Dプリント専門スタッフが丁寧に対応させていただきます

初めて3Dプリントサービスを利用するお客様は希望している内容が実現できるのか、予算内で収まるのかなど、わからないことが多いことでしょう。 グリーングラスでは、初めてのお客様でも安心してご依頼いただけるよう、またご希望の3Dプリントをお受け取りいただけるよう、専門のスタッフが親切、丁寧に対応いたします。

まずはお問い合わせください

ご相談、お見積りはもちろん無料です。お気軽にご相談ください。

お問い合わせフォームはこちら