電話やテレビ電話(Zoomなど)でのご相談が可能ですまずはお問い合わせください

06-6926-4981

営業時間平日9:30~17:30

お問合せ・見積依頼

※ 営業時間外はメールでお問い合わせください

こんなお悩みありませんか?

当てはまる方は、ぜひご相談ください。

こんなお悩み

Reasons to be chosenグリーングラスが選ばれる理由

詳しくはこちら

Modeling example造形事例

3Dプリンタの造形事例の一部をご案内いたします。

もっと見る

Price Information料金のご案内

  • 高精細3Dプリンタ
  • AGILISTAシリーズ高精細3Dプリンタ

サンプル 印刷時間 個数 通常価格 特別価格
サンプル1
約1時間10分 1点 32,400円 20,250円
5点 107,520円 67,200円
10点 192,560円 120,350円
サンプル2
約2時間00分 1点 25,520円 15,950円
5点 44,560円 27,850円
10点 76,560円 47,850円

詳しくはこちら

Standard Delivery標準納期

3Dプリントは、造形サイズや形状によって造形に必要な時間、納品までの日数が変わります。
具体的な納期は、お送りいただいたデータをもとに、お見積書に記載いたします。

【参考納期】

Flow until Delivery見積りから納品までの流れ

よくあるご質問

薄肉部品でも対応可能ですか?

樹脂タイプで0.6mm程度、ゴムタイプで0.6mm程度の対応が可能です。ただし、形状によってそれ以下でも可能な場合や逆に広範囲に薄肉で造形できない場合もありますのでご相談ください。

耐熱温度はいくつですか?

アクリル樹脂(AR-M2)の場合、荷重たわみ温度は50℃程度になります。アクリル樹脂(AR-H1)の場合は70℃程度です。

耐水性はありますか?

流水試験などで耐水性が必要な場合は、アクリル樹脂(AR-M2)が一番水に強いのでおすすめ致します。

最終製品として作りたい。

用途により可能な場合もあると考えますが、一般的には3Dプリンターは試作、治工具、展示用模型として使われます。通常の成形品などに比べると3Dプリントは強度が劣る場合も多いです。強度試験などはお客様に行って頂く必要がございます。また、3Dプリントした物により事故やトラブルが発生した場合、弊社で責任を取ることができません。お客様の判断と責任でご利用下さい。

対応可能な3Dデータの形式は何ですか?

TL形式、IGES形式、STEP形式、OBJ形式です。

もっと見る

Service便利なサービス

Useful Information3Dプリンターのお役立ち情報

3Dプリンタ材料の基礎知識

プラスチックの基礎知識 プラスチックの特徴 プラスチックとは、英語で「可塑(plastic)」という意味があり、熱を加えると変形する性質を持っています。そのため、成型加工がしやすく、透明性があり着色も…[続きを読む]

3Dプリンタの教科書

普及のきっかけ 3Dプリンタにとって、2013年は大きな飛躍の年になりました。その盛り上がりはこれまでにないもので、今では多くの人が3Dプリンタについて何かしらの知識を得るに至っています。認知度が高ま…[続きを読む]

3D CADの基礎知識

CADとは CAD とは、「Computer Aided Design(コンピュータ支援設計)」の頭文字を並べた略称で、人の手で行われていた設計作業をコンピュータによって支援することにより、効率を高め…[続きを読む]

3Dプリンタ で作ったゴムは 何ができるのか

3Dプリンタで作ったゴムは何ができるのか

これまでのゴム部品の設計には課題が… 試作にとにかく時間とコストが掛かる ゴムは柔らかいため、切削など刃物による加工が難しい材料です。そのため、試作をするには、型を起こしてから成形する必要がありました…[続きを読む]

もっと見る

Newsお知らせ

2022.6.1
3Dプリントサービス専門サイトを公開いたしました。

もっと見る